神澤歯科医院
口腔外科
 
oral surgery

『親知らずは抜いた方がいいですか?』という質問を受けます。
生え方やかみ合わせが正しければ親知らずだからといって抜く必要はないと思います。
ただし斜めに生えているなど歯磨きがきちんとできない場合は、軽度の虫歯でも抜くことがあります。
十分なケアができない歯を残しておくと虫歯になりやすいのはもちろんのこと、歯ぐきが炎症を起こしたり、隣の歯まで虫歯になったりすることがあるので要注意です。

矯正治療
 
Orthodontics

差し歯などの人工の歯で治す方法とは違い、ご自分の歯で本物のキレイを手に入れられる唯一の方法です。
きれいな歯並びは見た目だけでなく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。
お子様から成人の方まで、噛み合わせや歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。
それぞれのライフスタイルを考慮し、最善の治療方法・装置をご提案いたします。

矯正治療
 
治療の進め方
 
矯正治療
 
治療例
 
治療例

顎の骨と歯の大きさのバランスが悪いため、歯が並びきらずに八重歯になってしまった患者さんの治療例です。

治療例

上の歯列が全体的に前に出てしまった患者さんの治療例です。

治療例

下の歯列が前に出てしまった受け口の患者さんの治療例です。

 
治療にはどんな装置を使うの?
 
永久歯の治療
young adult & adult

12歳ごろになると永久歯がはえ揃います。
永久歯列の矯正治療では主にこの3種類から装置をお選びいただけます。

永久歯の治療

表側につける装置(銀色)

永久歯の治療

表側につける装置(白色)

永久歯の治療

見えない装置(裏側につける装置)

永久歯がはえ揃う前の治療
junior

永久歯がはえ揃う前のお子様では、歯だけでなく顎の骨の成長度合い、成長の方向などが正しい咬み合わせをつくるための重要な要素となります。
そのため、顎の骨の成長をコントロールする目的や永久歯を並べるための場所を確保する目的で様々なタイプの装置がございます。診断結果に基づいてベストな装置を決定します。

 
矯正歯科  担当医のご紹介
 
菊池 香織