神澤歯科医院
インプラント
 
implant

インプラント治療は歯が抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れ支柱とし、その上に人工の歯をしっかりと固定する治療法で第2の永久歯と言われています。

虫歯・歯周病や事故等で歯を失った場合、機能面だけでなく審美的(見た目)の回復も重要です。

従来の治療法(入れ歯、ブリッジ)ではどうしても満足する事が難しかった「食べる、話す」事が自分の歯があった時と同じ感覚を取り戻す事ができます。

インプラント
 
奥歯を失った場合
 

従来の治療法(ブリッジ)では前後の歯を削らなければ治療ができませんでした。
またブリッジは歯を連結するため、連結部分に食べ物が詰まった時の清掃が困難でそのまま放置すると虫歯になってしまう場合があります。

奥歯を失った場合

左:失った歯の歯根部分に人工歯根を埋め込みました。

右:埋め込んだ人工歯根に歯を被せました。従来の治療法(ブリッジ)と違い、前後の歯を削らずに治療しました。

 
前歯を失った場合
 

審美性を重視する場所のため、ブリッジで連結するのではなくインプラントを入れて自分の歯があった時と同じようにしました。

前歯を失った場合

左:失った歯の歯根部分に人工歯根を埋め込みました。

右:埋め込んだ人工歯根に人工歯を被せました。審美性が重要視される前歯ですが、歯の隙間などまるで本物の歯を取り戻した様になりました。

 
総入れ歯の場合
 

長年総入れ歯を使用していたが「物が噛めない、喋りにくい、入れると痛い」という状態で日常生活に支障がありました。

インプラントを入れたことにより歯が固定され物がしっかりと噛める様になり、食べ物の味が良く分かる様になりました。また総入れ歯に付いている上顎の部分が無くなった為、違和感が無くなりしゃべりやすくなりました。

総入れ歯の場合

左:これまでの総入れ歯とは違い、インプラントでしっかり固定します。

右:インプラントによって固定された歯は、しっかりと噛める様になりました。見た目も自然な仕上がりになります。